読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fake-defrag-ext4 0.0.18 公開

Linux用ソフト Ubuntu C言語プログラミング

ダウンロード

久しぶりにfake-defragのコードをぼーっと眺めていたら、とんでもなく初歩的なバグを見つけた。

else if(argc == 2)
{
	char *tmp = argv[1];
	if(
		((tmp[0] == '-') && (tmp[1] == 'h'))
		||
		(
		(tmp[0] == '-') &&
		(tmp[1] == 'h') &&
		(tmp[2] == 'e') &&
		(tmp[3] == 'l') &&
		(tmp[4] == 'p')
		)
		||
		(
		(tmp[0] == '-') &&
		(tmp[1] == '-') &&
		(tmp[2] == 'h') &&
		(tmp[3] == 'e') &&
		(tmp[4] == 'l') &&
		(tmp[5] == 'p')
		)
	)
	{
		help();
		return EXIT_SUCCESS;
	}
}

確かsnowcpに似たようなコードがあったはずなので、コピペした時に修正し忘れたんじゃないだろうか。何かとっても恥ずかしい。

Ubuntu 12.04にはe4defragが含まれているらしいので、コレを使う必要はほぼ無くなるな。一応ベリファイ出来るという利点はあるけど。