読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 12.10で一部のショートカットキーがリセットされるバグを何とかしたい

続き



Ctrl + Super + Alt + ←↑↓→にウィンドウごとワークスペースを移動するキーボードショートカットを割り当てているのだが、割と頻繁に、ログインするたびにその設定が初期化されてしまうので、自動起動するアプリケーションに以下の四つのコマンドを登録してみた。

dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/move-to-workspace-down "['Down']"

dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/move-to-workspace-left "['Left']"

dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/move-to-workspace-right "['Right']"

dconf write /org/gnome/desktop/wm/keybindings/move-to-workspace-up "['Up']"

これでログイン時に自動的にキーが設定される。

HUDを無効にしているのもリセットされるので以下を登録。

dconf write /org/compiz/integrated/show-hud "['Disabled']"

これでしばらく様子見。効果があるといいな。